結婚式の披露宴に着ていくドレス

 

結婚式の披露宴に着ていくドレス

披露宴に着ていく服は、何でも良いわけではありません。
結婚式場という場所を考慮し、きちんとした正装で、色はどうするなどを決めて行かなければなりません。
なお、年代によっては、結婚式が度重なる場合があります。
そんなときは、レンタルでいつも違ったドレスを選びましょう。

ドレス

結婚式の披露宴に出席するときのドレスは、ワンピースが多いようです。
あまり露出のない、ピンクやラベンダーなどの明るい色や、逆に落ち着いたネイビーなどが人気です。
白いドレスは花嫁とかぶりますので、避けましょう。
また、黒は喪服をイメージさせますので、やはり避けましょう。
もし、夜に行われるパーティーでしたら、多少の露出のあるイブニングドレスも大丈夫です。
色で注意したいのは、薄い色です。
白でなくても、薄いベージュや薄い黄色は、写真に写ると白く見えることがあります。
もし、白や薄い色を着るときは、別の色の羽織るものを用意しましょう。

ドレスのパーツデザインの種類を知ろう

ひとくちに『ドレス』といっても、様々なデザインのものがあります。

そしてそのドレスの多くは、長い長い歴史の中で生まれ確立された“多様な種類のパーツデザイン”を、バランスよく組み合わせたり、多少アレンジしたりでデザインされたものだといえるでしょう。

例えば『同じ無地の生地』を材料として作ったワンピースタイプのドレスだとしても、襟ぐり(ネックライン)の形状や開き具合、袖やスカートの形状や長さなどのパーツデザインが違うと、その印象はがらりと変わってくることが多くなります。
そのため、各パーツの主なデザインの種類を見ていくことが、自分好みの1枚を探し出すヒントになるかもしれません。

ここからはドレスのデザインの決め手になりやすい『襟ぐり(ネックライン)』『袖(スリーブ)』『カフス(袖口)』『スカート』といったパーツには、主にどんな種類のデザインがあるのかを見ていくことにしましょう。

レンタルドレスのデメリット

もちろん、レンタルドレスにもデメリットはあります。まず、ドレスそのもののデメリットとして、必ずしもきれいで美しいドレスをレンタルできる訳ではないことが挙げられます。特に人気商品の場合、レンタル稼働率も高く、何度もクリーニングを繰り返しているうちに少し色あせてしまったり、生地に少しよれがどうしても出てきてしまったりすることが考えられます。もちろん、着られないということはなく、全てのレンタルドレスが良い状態ではないというわけでは決してありませんが、それでも少し我慢しなければならないという可能性もあります。

次に、自分の着たいドレスのサイズがない、または予約済となってしまい、希望するドレスを確実に着られる保障がないことも考えられます。結婚式は秋に行われることが多いとされていますが、この時期になるとレンタルの予約を早めにしておかないといけません。また、結婚式でなくとも急なパーティーの出席、またはデートのお誘いがあった場合など、とっさの予約をしたい場合もやはり理想のドレスが確実に着られるかは分かりませんので、その点がデメリットといえるでしょう。

また、何度も同じドレスをレンタルする場合は、いっそのこと購入してしまった方が逆に費用が抑えられるという場合もあります。また、レンタルドレスの場合、業者によって異なりますが、あまりにひどい汚れをつけてしまうと、別料金が発生してしまうことがあり、思わぬ出費につながる可能性もあります。

もちろん、こうしたデメリットは、早めに予約したり、自分の持ち物と同じようにていねいに扱ったりすれば、ある程度解消できることでもあります。レンタルをする場合は、こうしたデメリットを押さえつつ、賢く利用できるようにしたいものです。